写真家 ロバート・フランクの記憶のカタチ




「写真を撮るということは、常に自分の直感を手がかりにして、目の前の現実から
もう一つの現実を表現することなんだ。
そのための、わたしの知っていることのいくつかを君に教えよう。
まず、誰もが持っている、不思議なものや神秘的なものを見つける感覚、そして
それを感動する心を失わないように自分を保つこと。わかるかい。
次に、常に自分が何を見て、何を聴いて、何を考えて、何に感じ、何を語っていないのか。
それを自分の写真のテーマにすればいい。
で、それを静かに見つめながら前に進めばいい。
いいかい、単に光景や対象に興味を持つのではないんだ。
その本質、その裏側への興味が大切なんだ。
写真が結果としてどう出来上がるかが重要ではなく、それを君がどのようにして
何を表現しようとしたかが最も大切なんだ。
忘れてはいけないよ」







昨年もこの記事アップしたけど・・・
写真を自分の仕事に当てはめてみた。
やっぱ、しっくりきた。
[PR]