岡沢 幸 個展





お友達の版画家、岡沢幸ちゃんの個展に行ってきました。
場所は仙台美術研究所のビルの二階にあります「ギャラリーSENBI」で行われています。

いやー・・・。

素晴らしかったです。
銅版画、板画、ドローイング・・・
全てモノクロの世界ですが、観れば観るほど引き込まれます。
長女は版画が大好きなので、真面目にご鑑賞しておりました。
次女もDMと、実際展示されている同じ作品をじっ・・・と見比べ
「これ、ママのお葉書と同じだね!!」
と大興奮していました。
今回の作品で、初めて見たのが「バック」と「Tシャツ」のオリジナルプリントです。
一目惚れでした。かっこいいのでバックを購入いたしました。
多分、一点物です。
バックやアクセサリーは、知人が創ってくださった物を身につけるが
私の基本的な考えです。なんか安心するのです。
展示が終わったら、私のもとにやってくるので写真をアップします。

版画っていいなぁ・・・。
自分も大学の時にゼミで一通りやったけど
最大の魅力は、一度「版」に起こす。というところ。
この行為こそが版画そのものと感じます。
沢山刷れるのもいいよね。
刷り方やインクの具合で、同じ物が出来ないのも
なんとなーく、はかなさを感じる・・・(私だけか?)

自分が通っていた予備校はもう無くなってしまいました。
デッサンを学んだ予備校・・・。
仙美に入ったら、その当時の雰囲気がぷんぷん匂って
なんだか緊張しました。
あ・・・、幸ちゃんはここの講師でもあります。
ご自身のアトリエ兼、版画工房でのお仕事もあり
大忙しですね。

制作中の冊子の表紙は版画で制作します。
幸ちゃんにアドバイスもらおーっと。
水曜日に、また行ってきます。
[PR]
by kai-takasaki | 2010-05-09 07:25 | エッセイ