「ほっ」と。キャンペーン

石けん生活のすすめ!


私は仙台の生活協同組合「あいコープみやぎ」で
環境担当の記事、話題を提供させていただく活動をさせていただいています。

生協ですから、当然「組合員」がいるわけで
組合員向けの勉強会の企画をしたり
機関誌連載「たいせつなこと」というタイトルで
環境の話題提供をしています。

あいコープみやぎは
今回の震災で多大な被害を受けました。
私たちのために「安心・安全」な野菜、米、お肉、味噌、魚、加工品を作って下さっていた
大切な大切な生産者の皆様におかれましては
深刻な状況の方達がたくさんいます。
現在、その生産者さんと共に
復興に向けて前を向き始めたところです。

あいコープみやぎは31年前の設立から
「石けん派生協」です。
石けんを切り口に、水質の改善のための取り組みを行っています。

今回の被害で、仙台市蒲生浄化センターと仙塩浄化センターが
甚大な被害にあいました。
仙台市、塩竃市、多賀城市では今でも
節水のお願いが、市の方から出されています。
通常の処理が不可能なため
「簡易処理」による放流が行われているようです。
これは、消臭系消毒剤を使い、その酸化力により消毒を行う方法です。
一部では、センターへの流入機能が低下
マンホールから下水が溢水する可能性があり
市は「環境負荷低減」への協力を市民に訴えています。

被災地では海の底に溜まっていた汚泥が陸に上がりました。
この汚泥に含まれる「化学物質」に
被災地の皆さんは苦しめられています。

化学物質は、私たちの身の回りに沢山あります。

台所用合成洗剤。
洗濯用合成洗剤。
消臭剤、芳香剤、柔軟剤・・・
農薬、ガーデニング用の虫除け、蚊取り線香、蚊取りマットなどなど・・・

それが私たちの台所から流れ
下水処理上に向かいます。
残念ながら、合成界面活性剤は完全に処理されず海に流れます。
そして、消えて無くなることはありません。

戦後、石けんの代わりに作られた「合成洗剤」。
当時は石けんの主成分である食用油を
「食べた方がいい」という考えから、石油系の主成分である
合成洗剤に変わったといいます。
その後の公害問題はみなさんもご存じの通りですよね。

その戦後、60年以上の年月をかけて溜まっていた
有害化学物質が、東北を襲いました。

石けんの良いところは
自然分解することです。
魚の餌にもなります。

「石けんは使いにくい」
という方もいらっしゃいますが、そんな事を言っている場合でしょうか。
節水を売りにしているコンパクト洗剤も
実は合成洗剤です。
濃縮したからといって問題の解決になりません。
海の底に残り続けるのですから。

そこで、私は私の出来ることとして
「石けん」をお薦めする記事を
ブログで書いていきます。

今まではごくわずかな組合員むけに
発信していましたが
多くの方に理解していただき、石けん派が増えることを信じて
発信していきたいと思います。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-04-28 11:10 | 石けん生活