太陽油脂 長谷川治さんの講演!!





未来プロジェクトin仙台(FEEL Sendai主催)の委託事業で
あいコープみやぎの石けん環境委員会が企画した講演会が、今日無事行われました。

講師は、太陽油脂の長谷川治さんでした。

会場の準備が終わって
長谷川さんと、エルソーラ仙台(アエル28階)から
仙台の街、そして東に位置する被災地を観ました。

「長谷川さん・・・。あれが被災地です。何もなくなってしまいました。
 震災前は、あそこは松林や荒浜という町で、今のようにスカスカじゃなかったんです。
 こんなに海が近かったなんて・・・信じられません」

「・・・ほんとうですね・・・。海が見えます・・・。
 私は福島の出身です。今は実家で取れる果物は
 風評被害で売れません。・・・あぁ、本当に海が近い。
 福島まで見えそうですね・・・」

私たちは、しばらく仙台の街のてっぺんから
東側に位置する、荒浜の海を見つめ
少しだけ、涙がでるのを押さえました。

さて、講演会を始めなくては!!

今回のテーマは「震災後と環境」です。
私たち、あいコープみやぎの石けんチームが
被災地で地道に広げてきた「化学物質フリーの生活の提案」
それが、仙台市の未来プロジェクトで認められ
委託先になったという経緯です。

今日の講演会。
すごく良かった!!
長谷川さんの小気味よいトーク、そして実際に石けんを作ったり
石けんが排水後、どう変わって自然に還るかという過程を
しっかりと「目」で確認できるレクチャーもあり
とても勉強になりました。

会場では心地よい笑いもあり
まさに、楽しく勉強できた2時間でした。
最後の質問も、皆さん本気モードでしたね!!

長谷川さんの話で印象に残ったのは
化学物質が出来る「温度」についてでした。
化学物質は500度くらいの温度出来ます。そして・・・
原発はもっと高い5000度という域・・・。
それに対して「石けん」は40度くらいで出来ます。
これは人間が安全に管理できる範囲内の温度です。
人間の管理できないものは、作るべきではない。
それは宇宙規模、いや神の仕事です・・・。

私は、3月12日の福島原発の事故を思い出し
また涙が出ました。

なんだか、とんでもない事になってしまった日本。
私のやっていることは、無意味なのではないか・・・
でも、講演会の後に
「高崎さん!勉強になりました!」
といってくださった方が数名いて
本当に嬉しかった・・・。
山形でバイオディーゼルを作っている方も参加してくださり
あぁ・・・企画して良かった、と思いました。

さて、次も頑張ろう。

次は24日のエルパーク仙台での学習会です。
今度は実際に、石けん製品を使ってのレクチャーです。
講師は私、高崎がやりますよ!!

空きがあまりありませんが、
ご興味のある方は、あいコープまでご連絡ください!!
[PR]
by kai-takasaki | 2011-11-15 20:36 | 石けん生活