日々淡々。






昨日で実家の仕事を終わらせ
今日からお休みに入りました。
今年は主人が大けがをしてしまったので
お互いの実家には帰らず
家族でゆっくり過ごすことにしました。

さて、今年は大変な年でした。

震災は私たちの生活から
大切なモノを持って行ってしまいました。
あの日から、ずっと心が空虚で
なかなか立ち直れませんでした。
何だか生活の全てが微妙に狂い始め
「普通」が何なのか分からなくなったように思います。

1年前にイメージしていた40歳の自分と
今、現実にある風景の私は全く違ってしまいました。
私の日常が、こんなにも激変したのは
やはり震災の影響だと思います。
たまに、「もし震災がなかったら」と考えてみたりします。

まず、引っ越しはしていない。
実家の仕事はしていない。
主人は大けがをしていない。
長女はこんなにサッカーで結果は残せていない。
死ぬ前にやりたいことに気がついていない。

色々な出来事は、全て意味のあることばかりでした。
見える現実のカタチはずいぶん違ってしまったけど
何を大切にしなくてはいけないのかを
改めて確認させられた一年でした。

始まるモノは始まり、終わるモノは終わった。
今までの任務が終われば、次が自然にやってくる。
そのことに一生懸命に取り組めば
きっと、ぼんやりして見えなかったことも
見えてくるに違いない。

私は、そう思っています。

物事の「終わり」は誰が決めるのか。
それは自分の判断しかありません。
古いモノに執着し、人の評価やお金の損得で判断すると
苦しくなってしまう時がきます。
本当に自分の判断で決めたことなら
苦しくても乗り越える力がわいてきます。
簡単に「やーめた」なんて言えません。

今年は「生きる」ことで精一杯でした。
来年は「生きてて良かった。頑張って良かった」って
心からそう思いたい。

季節の風の変化と共に
時間は確実に進んでいるんだって、毎日感じたい。
太陽が昇る。月が暗闇を照らす、ということに
感謝して生きたい。

ただ、同じような日常が送られることに
幸せを感じたい。










日々淡々。
[PR]