カテゴリ:心の深いところで感じること( 34 )






先月の満月の日。


主人と大げんかしました。


本日、見上げれば「満月」が。
あぁ・・・あれから一ヶ月。
早いな。

喧嘩は些細なことから始まったのですが
言いたいことをそれぞれ言い合い
最悪最低な眠りにつき
明日はもう無い。と信じて疑わなかった。
でも、次の日から
私たちは劇的に変わり始めた。

お互いの感じている「温度差」に耳を傾け
存在を意識し始めた一ヶ月。

私たちは
まるで「新婚さん」のように
新鮮な気持ちで
接した一ヶ月。

我慢だけが
全てじゃない。

生きているという「リアル]
生きている間に
本音で語り合う。
それが、ずれていても
共有しなければ・・・。

家族とは。
この厄介で面倒で
かけがえのない存在。

私は
結婚して良かったと
初めて思った、10年目の満月。
[PR]






速いね-。
世の中の動き。
「あいぱっど?」
テレビで特集見てびっくりした。

パソコン操作するだけでやっとです・・・。

私、結婚して10年ですが
独身の頃は
洗濯機は「二槽式」
「携帯電話」も持ち始めたばかり
パソコンではなく
「ワープロ」で仕事をしていました。

10年でこんなに変わるんだもの。
今住んでいる所だって
田んぼばっかりだったのに
いまじゃ、町になっている。
地下鉄の工事もどんどん進んで
マンションもどんどん建って
小学校がひとつ建つらしい。

イラスト付きの手描き原稿を依頼されていて
コツコツとペンだこつくりながら
描いていると、
すごく世の中とのギャップを感じる。
イメージキャラクターを作る仕事でも
仕上げは「消しゴムはんこ」でデータを残す(笑)
あたし・・・大丈夫か?

でも新しい事を習得している時間が
もったいない。
それに私の場合
「手」でやった方が速い。

あ、卒業論文も「手書き」だったなぁ。
今は違うんだろうなぁ。
だって娘の通信簿も、
もう手書きじゃないもんね。
学校と家庭のやりとりで
連絡帳ってあるんだけど
先生の手書きの文字を見ると妙に安心する。

そのうち、授業もパソコンになるのかな。
やだなー。
「字を書くの面倒くさい」
なーんて娘が言ったもんなら
喝だな。
[PR]





ますみさん。


連絡いただき、ありがとうございました。


悩んでいた事が


今日の仙台の晴天のように
澄んで
晴れやかになりました。

私は私で良いのですね。

「原点」

その言葉が
心に響き渡りました。

時間や誓約が
私を苦しめていたり

私らしさを見失っていた。
と、気づかされ

今日は
一日、穏やかに過ごすことができました。

何か
突破口が見えたような

明日から
また、進めるような
そんな気持ちでいっぱいです。

私に
「思ったことを、はっきり」
言って下さる方というのは、ますみさんだけです。

それが
どれだけ私に「勇気」を与えてくださっているか
計りしれません。

ありがとうございます。

白紙にもどして
自分と向き合おうと思っています。
[PR]




理屈で答えられないこともあります。


だから、やってみるのではないでしょうか。
[PR]