カテゴリ:作品( 4 )







我が家の姉妹。


唐突ですが。
全く似てません。

顔も性格も、趣味・・・は若干合いますが
まず、顔の色から体型も
全く違います。

長女は父親にそっくりです。
性格的に「俺様」的なところもそっくりです。
太陽に当たると、全てを吸収し黒々となるところも
走っている姿も、ボールを蹴っている姿も
父親譲りです。

次女は、色白な子豚ちゃんみたい。
紫外線をカットし、いつまでも白いまま。
ヒラヒラスカートが大好きで
韓流ドラマとサスペンスが大好き。
暑いのが大嫌いで
外遊びに行くと
「暑いから帰ろうよ」と
弱音を吐く、根性無しです。

しかし。

次女は素晴らしいげーじつ家なんですよ。
見る視点、描く絵、石を使ったモニュメントなんか
最高の出来です。
ちびまるこちゃんの絵本をひらき
ストーリーを勝手に変え、音読する姿に耳を傾け、そぉっと聞いていると
ブルーノ・ムナーリさんもきっと絶賛するのではないか!
という超独特な発想でお話しが終わります。

子供って、幼い頃はすごく面白い発想をするのに
大人に近づくにつれてつまらなくなっていくんですよね。
いやー、次女にはこのままでいてほしいです。
草間彌生に負けないくらいの
「点点」を画面に描くし
なぜか、ぬりえは「一色のみ」で仕上げます。
しかもボールペンで。
その集中力もすごい。
ぬりえはあっという間に一冊終わってしまいます。
りかちゃん人形の髪の毛は全て
次女の手が入り、斬新そのもの。
前髪は「邪魔」という理由で全て根本から切られ
後ろ髪はシンメトリーあり、ざく切りあり・・・
それを「かわいい」ってぎゅーする姿を見ると
大丈夫か?と思う時もあるけど(笑)
それで良いみたい。

買い物に行けば
もうそこは次女ワールド炸裂の場になります。
多分、自分の中のストーリーが動くのでしょう。
次女の周りには、私には見えない友達が沢山いるようです。
そのお友達と「かくれんぼ」したり、「結婚式」をあげたり
大忙しです。

そんな次女。

多人数がどうも苦手。
わいわい騒がしい中にいるのがとにかく「嫌」みたいです。
しずかーに、二人くらいで遊ぶのが、心地よいらしいです。

そんな姿を私の姉が見て

「・・・小さい頃のkaiにそっくり・・・」
と苦笑していました。

次女が将来の夢を語るときがくるのかなぁ。
長女が「サッカーしたい!」と言った、あの日のように
次女にもそんな日があるのかと思うと楽しみです。

「きーちゃん、お姉ちゃんみたいにサッカーする」
って言ってるけどね。
暑いの嫌いだから、どうかなぁ・・・。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-07-19 11:19 | 作品







b0167919_8452897.jpg









                                       「強い光」
                                   ミクスト・メディア(2006)
[PR]
by kai-takasaki | 2010-06-11 08:47 | 作品
b0167919_9273816.jpg
                
                「消えてなくならないもの」
                2005 ミクストメディア
                32.5×24㎝ (部分)                                      

二年生になる長女が、自分の夢を語り始めたのは幼稚園の年長組の時でした。
それ以前は、「プリキュアになりたい」だの「魔法使い」になりたいだのと言って、変身の仕方や魔法の呪文を練習していました。

「パン屋さんになりたい」と娘の口から聞いたとき、ものすごく感動したのをおぼえています。
娘はパンが大好きで、中でもチョコやピーナツやイチゴジャムがふんわりと包んであるパンがお気に入り。
「美味しい美味しい」と食べるたびに感動してたし、いつの日か「自分で作ってみたい!」と、思ったのでしょう

「好き」が「お仕事」になる。それが一生のライフスタイル、天職となる。
人それぞれ仕事に対する考え方、価値観はあるにしても、この「好き」は絶対外せない。
・・・というか「好き」でないと続かない。

この「好き」の引きだし、沢山あるといいらしいですよ。
特に子供の頃経験した「楽しい」や「好き」は自分の五感にしっかり根付いて消えることはないそうです。
ただ、忘れてしまっているだけのこと。必要な時に思い出せるのです。

これから大人になる過程で「パン屋さん」の夢が変わっても、変わらなくても、何かつらい事にぶつかったときは、チョコレートたっぷりのパンを食べて、素直な自分に戻れる場所がきっとあるから大丈夫。頑張れ娘!
[PR]
by kai-takasaki | 2009-03-25 10:49 | 作品
b0167919_1415229.jpg
約20年前に出逢ったお友達と昨日、繋がりました。
携帯電話のない時代にお互いの行き先が分からなくなり、会いたいという思いはあったのですが、なかなか行動できずにいました。二人を繋ぐ共通の知人にお願いして連絡先を知りました。
そして昨日、繋がったのです!とりいそぎ電話で話すことが出来ました。
多分、離れてからのお互いの出来事を話すのに一週間はかかるね・・・と次の再会の約束をして電話を切りました。
彼女はものを造る仕事(天然石のアクセサリーtyrian)に携わっていました。やっと一緒に仕事が出来る予感。
次の再会が楽しみです。

アップした作品のタイトルは「ブルームーン」~めったにない出遭い~という作品です。
[PR]
by kai-takasaki | 2009-03-20 14:37 | 作品