カテゴリ:サッカー( 20 )







娘が恋い焦がれる、常盤木学園のサッカー少女達。
その高校生とチャリティーマッチ戦がありました。
相手は澤選手率いるINAC神戸レオネッサ!!

前夜にはレセプション・パーティーがあり
私は娘と参加してきました。

セーラー服に身を固めた
次世代のなでしこたちを見て
娘は興奮状態でした。

仙台市若林区の女子チーム所属時の
先輩Mちゃんが常盤木にいるので
娘は久しぶりに会えることを楽しみにしていました。

Mちゃんと顔を合わせたとき
「ひさしぶりだなぁ、N~!頑張ってるか?」
と言って、娘の頭をぐしゃぐしゃに撫でてくれました。
娘も「Mちゃん!Mちゃん!」と抱きついていました。

その夜は常盤木のサッカー部との交流を楽しみました。
INACの選手達も挨拶に来て下さって
本物の澤選手やお洒落番長と言われている川澄選手を間近で見ました!
かっこよかったー!!

次の日はいよいよ試合観戦。

あこがれの常盤木選手たちが
ピッチで大暴れする姿に、娘は言葉が出ませんでした。
スペースを上手に使い、サボっている人が誰一人いない。
そして、選手の励まし合う「声」が途切れない。

娘の大好きなMちゃんは
アップをしていたけど試合には出られませんでした。(1年生ですからね・・・)
でも、娘は一生懸命準備するMちゃんが、ピッチの端にでてくるたび
その姿を見ていました。

家につくと
娘は「サッカーノート」に何か書いていました。
きっと彼女なりに、感じる事があったのでしょうね。
[PR]
by kai-takasaki | 2012-02-20 06:15 | サッカー






2月19日(日)に行われる
INAC神戸レオネッサ対仙台常盤木学園サッカー部
チャリティーマッチ観戦チケットが当たった!!!!

娘と見に行きます!
[PR]
by kai-takasaki | 2012-02-17 20:08 | サッカー





日曜日の夕方、娘が初のサッカー遠征から帰ってきました。

土曜日の夜、「寂しいなぁ」と連呼していたのは主人。
居なきゃ居ないで、物足りないみたいです。
これでは、嫁入りの時なんか号泣でしょうね・・・。

さて、帰ってきた娘の顔は
日に焼けて真っ赤でした。
一日中、他県の強豪と試合をして
へとへとの様子です。

「どうだった?」
「・・・うーん。なんか、眠れなかった・・・」
「でもね、Mちゃんが・・・」

Mちゃんは、同じチームの唯一の女の子です。
娘とMちゃんは、女子二人ということで
風呂は勿論、部屋も一緒でした。

「Mちゃんに、『かわいい写真の撮られ方』を習ったよ(笑)」
「は?」
「ピースを顎のところにくっつけると・・・小顔に見えるらしい・・・」
そこまで言うと、娘はこらえきれずに爆笑し始めた。
「でね、でね・・・。足をXにクロスすると・・・足が・・・あしが細く見えるらしい!」
・・・もう娘は腹をかかえて笑っている・・・。

娘にとって、そんなギャル話は「お笑いネタ」のようで
その他にも、いろーんな、かわいく見える方法を
部屋でずっと話されたようで
「へぇ・・・」って聞いていたらしい。

「勉強になったんじゃない?」
「そだね。女の子って大変だね」
・・・って、あなたも女の子なんですけどね・・・。

「あとね、お風呂貸し切りだった!」

Mちゃんと脱衣所に行ったら
なんと真っ暗で、二人でてさぐりでスイッチを探したそう。
Mちゃん曰く・・・
「・・・電気暗いじゃん、ダさっ・・・!」
だそうで、娘は「ダさっ!」の使い方に違和感を覚えたものの
常にMちゃんペースで事は進む一方だったらしい。

「でも、楽しかった」

そう言った娘の表情は
ウソではないような気がしました。
まぁ、後から色々聞いたけど
監督、コーチには迷惑ばかりかけた様子。
ほんとうに指導者の方々には頭が下がります。

かわいい子には旅をさせて正解!!
[PR]
by kai-takasaki | 2012-02-14 19:44 | サッカー






我が家の長女(小学校4年生)が
初めての宿泊合宿に昨日から行っています!
場所は栃木県の那須です。

昨日私、係の父兄4名で
お昼に食べる豚汁を作りに
日帰りで那須に合流しました。

子供達の緊張感とは別に
私たち親はのんきなもので
車中はおしゃべりしまくりでした。

那須に着いてびっくりしたことは
とっても暖かいことでした。
仙台の春くらいでしょうか。
もう、過ごしやすくって帰りたくありませんでした。
東北の冬って・・・あらためてだけど
寒いのね・・・。

さて、今日は試合の嵐です!

他県の強豪チームに挑みます。
地元では雪上サッカーばかりだったので
子供達は「芝」に感動していました。
動きも悪くありません。
それぞれのポジションで、思いっきりプレーをしていました。
娘も何度かゴールに挑戦しましたが
得点ならず・・・。
うーん・・・。まだまだスピードが足りない!

4試合目になると
疲れが出てきたようです。
強風が体感温度を下げ始めました。
子供達にとっては、正念場です。
コーチからは「罰走」の指示が!
合宿ならではの光景です。
自分の出番以外は
グラウンドをずっと走り続けなくてはいけません。
娘も辛そうでした。

私たち父兄は
試合が終わったと同時に帰ってきました。
ここからは私たちの出番はありません。

子供達の不安な気持ちは
色々な場面で垣間見る事ができました。
食事が食べられなくなる子もいたし
いつも動きが良い子も
今日ばかりは調子が出ない・・・。
なんと言っても、合宿の仮題は
「食べる」が不可欠。
小食の子は、辛いのです。
私も高校生の頃、わりと体が「エコ」でして
試合の前なんか、むしろ食べない方が良いくらい。
でも、合宿では「食べなくてはダメ」と言われるし・・・。
気持ちはわかるけど・・・
これは避けて通れない。

最近、出された物を平気で残したり
大事な食事の席で
「ダイエット中なので」と食べない人がいるとか。
核家族が増えて、食事のスタイルも多種多様。
食べたくなければ食べなくて良いという裏には
食事以外の物で、お腹が膨れているという指摘もあるくらい。

合宿の食事は
そんな甘やかされて育った現代っ子に
食事の大切さを学ばせる、良い機会でもあるのかもしれません。

さて、娘は感謝して食事をいただけただろうか。

昨日私は、本当にへとへとで
娘がどんなことになっているかなんて
考える余裕もなく布団に入りました。
次女が「お姉ちゃんがいない」「さみしい」と
布団の中で言っていたのは、なんとなく覚えていたけど
私はすぐ、深い眠りに入りました。

もうすぐ、那須の合宿所を出る時間です。
どんなことを経験し、何を感じたのか。

先ほど、チームの掲示板に
娘が1点入れた投稿されていました。
頑張っているようです。
[PR]
by kai-takasaki | 2012-02-12 15:41 | サッカー





小学校4年生の娘が
明日から栃木の那須へ合宿に行きます。
初めての宿泊合宿を楽しみにしている様子。

しかし・・・。

一日中試合をしているらしい。

耐えられるか、娘よ!

私は1日目当番なので
日帰りで豚汁つくりに行きます。

私の初めての宿泊合宿は
中学校の時でした。
ソフトボールの県選抜選手だったので
合宿は何度かありました。

北は築館から、南は白石まで
友達の輪が広がって
それは高校生まで続きました。
学校以外に、友達が沢山出来ると
何て言うか、一気に世界が広がったように感じました。
感覚的に言うと・・・、
他にも自分の居場所があるというのは
すごく自分を強くしたように思います。
なぜなら、人間には
言い方は悪いかも知れませんが
「逃げ場」が必要だと思うのです。
あの頃は、感覚的に感じるだけだったけど
大人になるにつれて
強くそう思うようになりました。

娘は自分の小学校とは異なる
スポーツ少年団のサッカーチームに所属しています。
学校という小さな社会だけでない
別の居場所が、やはり彼女を強くしているように思うのです。

合宿。

私も辛い合宿を
沢山経験してきましたが
どこへ行っても、場所が変わっても
「自分」を表現する、アピールするということは
大切な行為だと感じます。
特に、スポーツでは。

彼女がどんなことを経験して
何を感じて帰ってくるか楽しみです。
でも、そんな事は
ずっと後になって
「あのとき、こうだったな」って
思い出すことなのかもしれないけど。
[PR]
by kai-takasaki | 2012-02-10 20:32 | サッカー




今年は雪がよく降ります。
仙台から引っ越しをして感じるのは
富谷は「山」だということ。
ものすごーく、雪が降ります。
仕事で仙台に行くと、気象状況が全く違う。
ここまで違うのかっ!と愕然とします。

そんな中。

サッカーというのは、どんな状況でも試合をするのですね。
娘は今日も公式試合でした。
私は仕事だったので、今日の試合は観られませんでした。

近頃、娘はコーチに叱られっぱなしでした。
フィールドの隅に立たされ
「お前は使えないから、そこで見学していろ」
という日もありました。
そんな娘ですが、自分なりに考え、何かを克服しようと必死でした。

それは一冊のノートに書いてありました。

娘は「サッカーノート」を書いています。

練習の前に「今日の目標」を書き、それを意識して臨む・・・というもの。
当然、反省も自分で書いています。
それを、娘が「お母さん、見てください」と差し出した。

そのノートには
切実な娘の「願い」に近いものが綴られていました。

「母に『下手は下手なりに、全力でやりなさい。失敗を沢山しなさい。』と言われた。でも私は失敗がこわい。」
「私は挑戦すらしていない。挑戦するしかない。」
「6年生の体が大きくて、恐い。どうすれば恐い気持ちがなくなるのでしょうか。」

・・・と、書いてありました。
今日、そのノートは最後のページになっていました。

今日、彼女はひとつ
自分に勝ったようです。

今日の目標は
「泥臭いプレーをする。」
でした。
結果、1点を入れたそうです。

私は、その場面を見ていないし
どんな質のゴールかは分からない。

でも、彼女が初めて
自分の綴っていたノートを
私に「見て欲しい」という行動で
どれだけ頑張ったかが、伺えました。

きっと本当に、頑張ったんだと思います。

私はすごく嬉しかった。
嬉しくて、嬉しくて泣きそうになったけど
我慢して、頭をなでてあげました。
娘は、はにかみながらも、嬉しそうに笑っていました。

子供の成長は宝です。

私は子供のお陰で
人並みの大人になりつつある。
そして、子供がいるから
頑張ることができる。

ありきたりだけど
本当にそう思う。
[PR]
by kai-takasaki | 2012-02-05 20:42 | サッカー






昨日、ママさんフットサルでデビューいたしました。

娘のサッカーチームの30周年記念イベントで
低学年(小学一年~三年)の相手をするチームを結成。
やる気満々のママさん11名が集まりました。

もうやる前からテンションが上がりっぱなしです。

私は初戦はキーパーを志願しました。
もともとソフトボールをやっていたし
キャッチする方が慣れているから、という理由。

しかし。

試合が始まると
キーパーの難しさと怖さを知りました。
今ボールをドリブルしている人ばかり見ていると
ゴール寸前でパスされたボールを見失ってしまい
想像もしなかったところから蹴られてしまう。
もう40歳のおばちゃんなので
瞬時には体が反応しない・・・

くーやーしぃぃぃぃ!!!

いつもは「頑張れ!行け!行け!」って応援していた
目の前のちびっ子たちが、完璧に「敵」になった瞬間でした。

大人げないと思いますが・・・
ダメなんです。スポーツは勝ってなんぼって
幼き頃からたたき込まれているので
勝ちたいのです。いくら小学校低学年でも!

その後の試合にはフィールドにも出ました。
これがもう・・・
楽しすぎる・・・!

三年エースのかず君に本気で挑みましたが
もう、上手くて簡単にドリブルを突破されてしまう。
悔しくて、私はスライディングで
かず君がゴールに向かうのを阻止。
ファールを取られてしまいました。
そこからも大人げないガツガツとした泥臭いプレーは続きます。
二年のエース、ルイには何とか追いつけましたが
やっぱ上手い!さすがエースだよ。

前半7分の長いこと・・・。
後半はベテランママさんにバトンタッチ!
さすが経験者です。かっこいい。
しかも点を確実に取っていきました。
私たち新人チームは、守るのでやっとでした。

結果は、一勝三敗でグループ三位。
・・・ビリじゃなかった(笑)

試合中、気がついたこと。
娘のプレースタイルとそっくりだということ。
失敗の仕方もそっくり。
ここに四年のコーチがいたら
同じことを注意されただろうなぁ・・・

「上がれ!」
「さぼるな」
「何やりたいの?」

血・・・ですかね?

そしてうれしい事に、娘がMVPを頂きました。
一日中サッカーをして
筋肉痛が恐かったけど
今朝起きたら、そうでもないのよ。

「まだまだいける」

アラフォーなでしこ始動です。
[PR]
by kai-takasaki | 2012-01-09 11:31 | サッカー







今日は娘のサッカーチームの初蹴りです。
お正月でなまってしまった体を鍛え直すようで
まぁ、走らせられるわ、どんだけ走るんだ?
という位走らせられていました。

私も今年からフットサルを始めます。

娘のチームには
ママさん枠があり
当然のように周りから「やるよね?」と聞かれ
「もちろん、やるしかないでしょう」
と二つ返事。

もともと運動は好きなので
挑戦してみます。

とはいえ。

震災後はスポーツどころではなく
最悪なのは精神的に痩せてしまったこと。
健康的に体を動かし
体力を回復させたいです。

娘に「下手くそ」と言われないように
頑張るわよ。
[PR]
by kai-takasaki | 2012-01-07 10:49 | サッカー






今日は、娘のサッカーの今年最後の公式試合でした。

震災後、新天地へ引っ越しをして
娘は転校をしました。
サッカーだけは、強いチームでやりたいというので
学区外のチームに入団。
あれから、6ヶ月がたちました。

あんな「へたれ」な娘が、なんとかついて行けたのは
厳しい、監督とコーチの愛のムチがあってこそです。
男の子の中で、よくここまで頑張ったと思います。
ドリブル、競り合い、点取り・・・
そんなこと夢の又夢、という状態から
やっと普通にプレイ出来るようになり
私が言うのもなんですが
この6ヶ月でずいぶん成長したな・・・と感じています。

さて、今日の閉会式で
娘は「優秀選手」として表彰されました。
各チームに女の子は一人ずつくらいいるので
「女の子だって、頑張れば選ばれるんだ!」
と感じてもらえてたら嬉しいな、と思いました。
チームメイトに「すげー、おめでとう」と囲まれて
娘は満面の笑みでした。

次は栃木合宿。

これもまた、男子の中に女の子一人ですが
大人達の心配はなんのその、本人が一番楽しみにしています。

頑張れ、頑張れ!

娘の夢は「なでしこジャパンで大活躍すること」です。
大活躍ですよ!
お母さん、楽しみにしてるからね。
世界のピッチで見えた風景を
私に教えてください。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-12-04 19:46 | サッカー





やっと、勝てました。

娘の所属しているサッカーチーム、4年生以下の試合で
初優勝です!!

いつも二位とか、得失点差で優勝を逃していましたが
今日は素晴らしい試合で勝つことができました。

娘は3試合、フル出場でした。
良いところも、悪いところも含めて
一生懸命、全力でプレイしていました。

娘は、学区外ですが、このチームに所属しています。
震災後、転校して自分で今のチームを決めました。
週末にしかチームメイトとは会えないけれど
いまではチーム全員と大の仲良しです。

娘は12月の栃木遠征に
男子の中に、女子一人で参加します。
男の子達は娘を特別な目では見ませんし
本人も全く平気です。

だって・・・

同じサッカーチームの「仲間」なんですもの。

チームメイトには「おい、いつ転校してくるんだよ!」とせかされています。

昨日は祝勝会でした。
娘は得意の「変顔」で皆を笑わせて
会場の盛り上げ役。
バカになれる、気の許せる仲間と
楽しい時間を過ごしたようです。

さて、来週も公式試合ですぞ。

「ピンチの時に変顔してぇ~」
って、仲間が腹を抱えて笑っていました。





その作戦、案外いけるかも。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-11-28 20:05 | サッカー