<   2011年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧








長く感じた一ヶ月でした。


仕事が真ん中の週に集中していたせいか
後半は自分のペースで過ごせました。
友人と会ったり、手紙を書いたりと
旧暦で暮らす私にとっては
ゆっくりと新年に向けて
色々な準備ができたと思います。

さて、二月。

バランス良く行きたい。
心乱さず
ゆっくり目を閉じたときに
ふ、と浮かぶ優しいイメージを大切にしたい。










日々淡々。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-31 06:56 | 制作





今日は結婚記念日です。
11年目になります。


私達夫婦はイベント事をあまり意識しません。
子どもが産まれる前は
クリスマスも全く関係なかったし
誕生日もあっさりスルーでした。
いい意味で・・・
気を遣わないというか、特に気にしない。

なんと今年
結婚記念日を「今日だね」と確認し合ったのは
振り返ると、初めてです。
去年までは気がつきませんでした。

「よく続いたよねぇ」
「付き合った年数も入れると14年?」
「飽きないね?」
「とりあえず・・・(笑)」

飽きないのは
お互い成長し合って
新鮮だからだと思います。
そして、授かった子ども達のお陰でも。
結婚は色々あって当たり前ですが
その人の人生を、まるっ・・・と引き受けることなんだなぁと感じます。
否定せず、今まで歩んできた道程を認める感じ?

主人がよく呟くんです。

「みんな十字架背負って生きてるんだよな・・・」

人には歴史がある。とも。
そういう感性を持っているから
好きになったと思います。

しかし・・・
結婚記念日だからといって
特別な事はしません。
日常の延長に
ただ、その出来事があっただけですから。
そして毎日が特別ということを
この11年で感じてきたからです。

結婚記念日に気がついただけでも特別です!
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-30 09:40 | エッセイ





新しい名刺のデザインが決まりました。

昨日印刷会社の武田さんとお会いして
話をしたところ・・・
素敵なアイディアを頂き
即、ゴーサインでした。

今まで書いたコラム、エッセイ、ブログの記事を読んで下さっていて
私のイメージや、これからやりたいこと、
私がそれらを通して伝えていきたいことを
「感覚」で受け止めて下さっていたので
話が楽でした。

「名前は手書きが良いと思う」

その提案は何より嬉しかった!!

そして、最近私の心の色の変化があり
今年のテーマ・カラーにしたいということを伝え
デザインの部分に入れることにしました。

今までは「モノクロ」が好きでしたが
近頃「黄色」が気になります。
黄色は光や白に一番近い色。
昨年までのテーマ・カラーだった「白=素にもどる」から
少し成長したのかな。なーんて思っています!
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-29 08:23 | 制作





月曜日から今日まで色々な人に会いに行きました。


いつも単独行動が基本です。
そんな私が意識して人に会っているのは
「自分を知るため」です。
外に出向き、自分自身にも沢山のことを問いかけ
ぶれてしまった「何か」を整理し、軌道修正する。

今日は新しい名刺を作るので
印刷会社の方と会います。

友人のRUMIちゃんが紹介してくれました。
一昨日、彼女と会って話をしたのですが
私が新しい名刺をきっとつくるに違いない。と察したようで
昨日の時点で、その方に一通り私のことを紹介してくれていたらしい。
夕方、RUMIちゃんに「名刺作りたい」と相談したら
「もう話をしといたから」とのことでした。

東口のスタバで
どんな話ができるか楽しみです!

午後から夕方にかけて仕事も入っています。
お腹をすかして待ってくれている
愛すべき家族の胃袋が
すぐ満たされるように
今から「肉じゃが」を煮て
出かけようと思っています。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-28 08:26 | 制作





年が明けてから
ゆっくりと年始の挨拶を書いております。
ぼちぼち郵送しています。

遅くなってごめんなさい。

私にとって
新年は、
二月からなのです。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-27 09:47 | 制作





いつも二月に今年の計画をたてます。


なぜか、二月。
気がついたらそういう動きだったので
意識してやってみることにしました。

二月に計画を立てると
だいたいその通りになるので
「うまくいく法則」だと信じています。
順番が間違っていないとも感じます。

そんな中、
職種は違うけど
お互い切磋琢磨してきた親友のRUMIちゃんと
仕事についての自分の立ち位置について
語り合ってきました。

結論から言うと
「自分から発信しよう」
ということ。
何度も何度もなーんども確認してきたけど
人間というのは目先のことに捕らわれてしまいます。
本当に大事な事をつい、忘れてしまって・・・。

そうやって二人で
カタチにしてきたわけで・・・。

原点に戻って
計画を立てたいと思っています。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-26 13:30 | 制作



今日は親友のSetzとサンモール一番町の「角マック」で待ち合わせ。
角マックとは・・・
サンモール一番町の角にあるマクドナルドです(笑)

年末にあったお互いそれぞれの出来事を報告し合いました。
彼女と話をしていると時間があっという間に過ぎてしまいます・・・。
そして、色々な記憶を引き出してくれる人で
彼女と会うとパワー・チャージできるというか
とにかく元気がでるのだよ。

今日は懐かしい20年前の写真を持ってきてくれた!

すごい。
ファッション冊子「ストリート」みたい(笑)
ドレッドヘアにゴーグルつけて
ビビアンの革ジャンを着て、ミニスカート履いていた!!
実際、ストリートではないけど
あの頃はよく「写真いいすか?」って声かけられました。なつかしぃ・・・。

この角マックで待ち合わせをして
141にスカパラ見に行ったなぁ・・・。
などと話をしていたら、もうお昼。
どこかに移動してランチしようとサンモール一番町へ出たら・・・

な、なんと

伊坂幸太郎さんが歩いていた!!

全身黒のファッションで
雑誌で対談しているときと同じ顔(当たり前)で
音楽聞いて、颯爽と「あゆみBOOKS」の方へ行ってしまった!

あまりの突然の出来事で、腰が抜けそうでした。

「どこに行きたい?」
ってSetzに言われたとき
なぜかサンモール一番町に行きたいと思った。
そう思って良かった(泣)

あー、サンモール一番町。
昔から好きだったけど
もっと好きになった。

伊坂さん、今度お茶して下さい。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-24 16:47 | エッセイ






来週は新年会週間です。


仕事は少し忘れて(二月からまた忙しくなるし・・・)
英気を養います。

月曜日・・・Setsとプチ新年会。懐かしの「角マック」で語り合う。
火曜日・・・46年会で「今年もよろしく会」をする。
水曜日・・・RUMIちゃんと計画なしの街ブラをする。
木曜日・・・エバさんちでオーガニック化粧水を作る。
金曜日・・・午後から仕事

オーダーの似顔絵が入っていますが、朝の自由時間に描くぞ。

賑やかな日々になりそうです。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-23 17:54 | エッセイ




寒いね。


最近はまったものがあります。
それはね、シルクの靴下と綿100%の靴下、そして同じく絹や綿100%のレギンス!!
すごく暖かくて、幸せになる。
意外とないから、見つけるとテンション上がるよ!

天然素材って・・・
いいねぇ。(改めて)

もう上質な靴下を見ると買いたくなる!!
そんでもって「日本製」を見つけると即ゲットです。
ちょっと高いけど、この心地よさを知ってしまったら・・・
化繊は無理です。

これを履いて足下ぽかぽかにすると
原稿はかどるぅー!!
頑張れるぅー!!
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-20 15:47 | お気に入り



なんだか、長女を送り出してから切なくなってしまった。



ま、いつものことなんですが
小さな言い合いが、結果大きくなり
とんでもない喧嘩で終わるパターンです。

長女は反抗期です。
小学校の3,4年生って難しくなるよ。とは何となく聞いていましたが
「体の成長に心がついていけなかったり、心の成長に体がついていけなかったり」
という感じでしょうか。その繰り返しです。

例えば・・・

彼女はサッカーの朝練に5:30に出ます。
学校までは近いのですが、一応女の子なので私が車で送っています。
帰ってくるのは7:10位かな。
そこから朝食を食べ、身支度を整え学校に行くのですが
最近7:30には家を出たい。と言います。
理由は友達と校庭でサッカーをしたいからだそうです。

でも・・・
物理的に無理です。
彼女は食べるのも遅い方ですし
頑張っても7:40くらいにしか出られません。

今朝、このどうしようもないジレンマに
彼女は爆発。
朝練も行きたい。
友達とも遊びたい。
朝食も食べたい。
でも、早く学校に行きたい・・・。

理屈は解っていても
体がついていかない・・・。
どうしようもない「怒り」は、当然私にくるわけです。

「ママが悪い。ママのご飯が多い」

この一言で私も反論。

大人げないと思う人もいるかもしれませんが
これは彼女を産んで、育てた人にしか解らない二人の歴史があり、
持って生まれた性格も、私の育て方もあるので
どうしたらいいか。という答えはなんとなく分かっているのですが
そんなきれい事では片づけられない
感情というのも出てくるわけです。
その日のコンディションもあります。

そんなわけで
ご近所迷惑になるくらいの大声で
喧嘩をして、彼女を出した後・・・
もの凄く疲れて、へとへとで、泣きたくなった。

それでも今日一日
私は私の時間を、彼女は彼女の時間を過ごさなくてはいけません。
私は仕事をしながら彼女を思い
彼女は頭の片隅に
母の怒りの残像を抱えながら日常を過ごすのです。

そんなやりとりを見て、次女は小さい手をさしのべ

「まま、だいすきだよ」

といって、頭をなでなでしてくれました。
・・・はぁ、どっちが大人か解らなくなるね。
情けない・・・。

子育てというのは、産んでから自分が死ぬまで続くんだな。と感じます。
逃げられない。というとまるで窮地に追い詰められているかのように聞こえそうですが
そうではなく・・・。なんというのかなぁ。

「それでもやり続けなくてはいけない。腐らせて、枯らせてはいけない」

という感じですかね。
そうやって自分の親も、私を見捨てずに育ててくれたと思います。
とんでもない「じゃじゃ馬」だったから大変だったと思います・・・。

さて、こんな切ない日も
平気な顔して会社に行かなくてはいけません。
今日は「初稿」です。
温かいお茶でも飲んで
気分転換してから出かけようと思います。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-01-18 08:53 | エッセイ