<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

FEEL仙台主催の、「未来プロジェクトin仙台」という企画に企画書を出したところ
なんと書類審査をパスして、二次審査の市民への公開プレゼンの切符を手に入れました。

この企画の主旨は『持続可能な社会』をつくっていくために、
環境配慮型行動を社会に広げていく企画を採用し、実施するというものです。
部門は二つ。
そしてテーマは「震災復興と環境」です。

「環境の芽部門」
環境活動のはじめの一歩の取り組み
助成金5万円

「環境の樹部門」
環境に配慮した行動を広げる取り組み
助成金 30万円

私は初挑戦にもかかわらず
環境の樹部門に大胆にも応募しました。
プレゼンは模造紙1枚、持ち時間5分、質疑応答5分、アピール1分です。
内容は「見直そう!ライフスタイル!」
化学物質に頼らない生活を提案しました。

震災後、ボランティアで活動してきた
「被災地の洗浄活動に石けんを使う」ということ、大量のハエの発生に
化学物質フリーの「ハエ取りペットボトル」を被災地で作り、広げたこと。
そして、節電のために「グリーンカーテン」を広げること。
肥料は生ゴミリサイクルを使って育てます。

全て、化学物質に頼らない「持続可能な社会」への挑戦です。

プレゼンが終わり、たくさんの質問があった中、
答えられなかったのが一つありました。

「この活動を、どうやって仙台市民にひろげていくか?」

私、何て答えたと思います?
笑っちゃいますが、こんな感じです・・・。

「そこなんです。何かいい方法はありませんか?」

審査員は環境に関するNPOの代表だったり
大学の先生だったり・・・
私としては「そこを知りたくて、またはそれを普及してもらうために応募した」ので・・・
しかし。主旨には「広く市民にアピールできること」と書いてあった(トホホ・・・)
私の一言はまさに「自滅的」だったようです。

でも、終わってから
他の団体さんとお話しをして
「気持ちがすごく伝わって来た!」
「何か一緒にできることはありませんか?」
と嬉しいお言葉を頂きました。

やってみないと、問題って浮き彫りになりません。
私も今回の公開プレゼンで、何が問題かわかったし
どうやって「市民」にアピールするかに
みんな、頭を抱えているのだと感じました。

良い取り組みをして
本物を追求している小さな市民グループが
これから一つになって
何かできるのでは・・・と感覚的に手応えを感じて帰ってきました。

多分・・・

二次審査はダメだとおもうけど
挑戦してよかったと思っています。
[PR]




長女が眠れなくて困っています。

毎日毎日・・・

眠れなくて泣きます。

寝るのが怖い。と言います。

地震のトラウマが

今頃になって、幼い女の子の心をむしばんでいます。

最近、余震がまた多くて

そのたびに

あの日の記憶が蘇ります。
[PR]





昨日の娘のサッカーの試合ですが・・・

午前中の宮城テレビ杯は一勝一引き分け・・・。
微妙です。

午後は二勝。

娘の様子を見ようと意気込んで午後から応援に行くと
お母さん達が重い空気を背負っていました。

どうやら、コーチどころか監督が激怒したらしいです。
午前中の試合・・・
動きがかなり悪かったみたいです。

お母さん達が次女きーちゃんに
なにやら頼んでいる様子。

「きーちゃん、監督に手を振ってあげて!監督、きーちゃん見ると機嫌良くなるから!」

わかった!と言って、きーちゃん、「かんとくぅー」って大きな声で呼び
手も振りましたよ!!

監督は満面の笑みで答えてくれました。

お母さん達、小さくガッツポーズ。
作戦大成功。

きーちゃんはお兄ちゃん達の「癒し」の存在でもあり
試合前にきーちゃんに「頑張れよっ」って頭をなでなでされると
点数が入るというジンクスまであります。

そんな和やかな雰囲気後の試合。

・・・いいんじゃないの?
きーちゃんが「なでなで」したお兄ちゃん達
点数入れてるし!!

コーチは納得いかないみたいですが
まず、炎天下の中
頑張ったという事で・・・。

・・・え?我が家の長女ですか?

まずまずかな。

首は繋がりましたよ。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-07-25 16:39 | サッカー





昨日は、長女の公式試合(イオン杯)でした。
結果は全勝したのですが・・・
娘の動きの悪さが目立ちました。

娘は最近、なぜか上手く寝付けず(赤ちゃんみたい・・・)
気がつくと11:00・・・12:00・・・という日が続いています。
体はめちゃくちゃ疲れているのに、脳が活性化しちゃって寝付けない。
色々な事を考えていると眠れなくなる・・・。
多分、そんな感じだと思うのです。
体の成長に心が追いつけなかったり
心の成長に体が追いつかなかったり・・・
成長期というのは、上手くバランスがとれず
大人が振り回されることもしばしば。
私もそんな時期を乗り切って、こうして大人になったわけです。
四年生の女の子。
彼女も彼女で色々と心の葛藤があるのでしょうね。

とはいえ、サッカーはチーム・プレイです。
本人の体の調子がどうとか、寝不足がどうとかいうのは
「言い訳」にしか過ぎず、日常生活の過ごし方のフォローというのは
親にしかできません。

調子の悪い娘に、コーチからごもっともの一言。

「N、もういい。あがれ。お前やる気あるのか?あれがお前の全力なのか?」

娘はベンチの隅に座り、落ち込んでいました。

「声が全く聞こえない」
「ゲーム中、さぼっている」
「とにかく遅すぎる」

それは常に親である私も感じていて
家庭の中でも話をしているのですが・・・
親と子というのは、なんと言いますかぶつかるのです。
子は反抗し、親はそれに対して更に怒る・・・(笑)
しかし、同じ事を他人様に言われると、これが効くんです。

「あぁ・・・お父さんとお母さんの言っている通りだ・・・」

ってちゃんと感じている。でも、親には反抗を続けるみたいな(笑)
そして、私も子に対して「演技」をしなければいけません。
本当は甘えさせたいところですが
あえて厳しくしないといけない時もあります。

実は今日も試合があるのですが
皆勤賞の私が、今日は家にいます。本当は試合を観たくて仕方ないのですが
娘のアホさ加減にかーちゃんは呆れたよ・・・という態度を示し
ぽーんとつけはなす作戦です。

午前中は宮城テレビ杯。
午後は会場移動して、イオン杯。

「声を出してボールを呼ぶ」
「挨拶も誰よりも大きな声で」
「寝不足だろうが何だろうが、チームでやると決めた以上、チームの為に戦う」

この3つを約束させ
出来なかったら、チーム辞めさせる。
という条件。

午後の試合は観に行くと約束しました。
1番暑くて、体力も気力も必要な3試合目。
彼女の動きはどうか。
試合に出させてもらえるかもあやしいのですが・・・。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-07-24 09:59 | サッカー





我が家の長女は、鼻の粘膜が弱いので「鼻血」が出やすく
本人も悩みの種です。
サッカーの時、体を張るプレイを要求されるとき
ついつい、頭の片隅に「鼻血」のことがよぎってしまうそう・・・。
小さい頃は鼻血が出る度にびーびー泣いて
ますます鼻血が出ちゃって、本当に大変でした。

今は慣れたものです。
「・・・あ、鼻血・・・」
と、ティッシュを素早く鼻に詰め
一人で何とかできるようになりました。

その様子を赤ちゃんのころから見ている次女。

先日、初めて「鼻血」が出たのですが・・・
こんな感じでした。

「ままぁ、きーちゃん「はなぢ」でてるよー、は・な・ぢー」

という声に「はいはい、ちょっとまってね・・・」って振り向いたら・・・
次女きーちゃんの鼻からは、だらだらと流れた血が・・・

「えー!!!!!!大丈夫?」
「だいじょーぶぅ。・・・きーちゃん、おねえちゃんみたい?」

あぁ・・・。なるほど。
憧れてたんだね、「鼻血」に・・・(笑)

その後、嬉しそうに鼻の穴にティッシュをつめて
何度も何度も「おねえちゃんみたい?」って聞くきーちゃん。

良かったね。

初鼻血。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-07-21 20:16 | 出来事





始まりましたよ!夏休み!

今日は過ごしやすい気温で、27度です。風もさわやか!
子供達は・・・
一日中、お友達と遊んでいます!
近頃は次女が、お姉ちゃんの金魚の糞みたいにくっついていくので・・・
誰も家にいません。お腹がすくと帰ってきます。

いつものことですが
夏休みのお昼ご飯って、なにげに大変ですよね?
チャーハン、うどん、パスタ・・・
などが定番ですが・・・やっぱ作るのって大変です。
我が家の子供達は「ママの味」が1番!と持ち上げてくれるので
ついついお昼も頑張ってしまいます(乗せ上手?)
特にパスタソースに関してはベタ褒めしてくれます。

長女の食の基本理念は
「サッカーの為に食う」なので
好き嫌いなんてもってのほか、太るので夜八時以降は食べません。
嫌いな野菜もどんどん克服していってます。
でも、食事は楽しくなくてはいけません。
色々と種類を作って食べさせています。

今年は夏休みが震災の影響で短く、16日まで。
春休みが結果的に長くなってしまったからです。
さてさて、夏休みのお昼ごはんもこれにより
少なくなりました。
それでも、メニューに悩みます・・・。

だれか、レシピ教えてー!!
[PR]
by kai-takasaki | 2011-07-21 16:07 | エッセイ






我が家の次女。


近頃韓流ドラマが大好きで
甘ったるい恋愛物語に超はまっています。

最近の口癖は、「結婚しましょう」で
お人形さん遊びの台詞には必ず出てくるようです。

そんな次女に、主人との結婚を勧められました。

「ままぁ、ぱぱとけっこんしたら?」
「・・・えーと・・・。もう結婚してるんだけど・・・」
「あ、そうなんだ!えー?きーちゃん、ぜんぜんしらなかったぁ」
「・・・。」

そんな次女、きーちゃんは年上の男性が好みらしく
長女のサッカー・チームの監督にアタックしています。

おやつのおせんべいをあげたり、手紙をあげたり・・・
ハイチュウのイチゴ味もプレゼントしたかな。
それに対して、監督からは
アンパンマングミと消しゴムをいただきました。

監督の姿を見つけると
私の後ろに隠れて、ちらっとのぞきます。
本気で照れるんだなぁ、これが!

「きーちゃん、監督と結婚したら?」
「・・・え、もうしてるよ!」
「・・・いつ?ママ聞いてないよ!」
「え、昨日」

多分・・・。かなり妄想癖があるので
昨日の妄想の中で結婚したらしいです。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-07-20 08:28 | 出来事






我が家の姉妹。


唐突ですが。
全く似てません。

顔も性格も、趣味・・・は若干合いますが
まず、顔の色から体型も
全く違います。

長女は父親にそっくりです。
性格的に「俺様」的なところもそっくりです。
太陽に当たると、全てを吸収し黒々となるところも
走っている姿も、ボールを蹴っている姿も
父親譲りです。

次女は、色白な子豚ちゃんみたい。
紫外線をカットし、いつまでも白いまま。
ヒラヒラスカートが大好きで
韓流ドラマとサスペンスが大好き。
暑いのが大嫌いで
外遊びに行くと
「暑いから帰ろうよ」と
弱音を吐く、根性無しです。

しかし。

次女は素晴らしいげーじつ家なんですよ。
見る視点、描く絵、石を使ったモニュメントなんか
最高の出来です。
ちびまるこちゃんの絵本をひらき
ストーリーを勝手に変え、音読する姿に耳を傾け、そぉっと聞いていると
ブルーノ・ムナーリさんもきっと絶賛するのではないか!
という超独特な発想でお話しが終わります。

子供って、幼い頃はすごく面白い発想をするのに
大人に近づくにつれてつまらなくなっていくんですよね。
いやー、次女にはこのままでいてほしいです。
草間彌生に負けないくらいの
「点点」を画面に描くし
なぜか、ぬりえは「一色のみ」で仕上げます。
しかもボールペンで。
その集中力もすごい。
ぬりえはあっという間に一冊終わってしまいます。
りかちゃん人形の髪の毛は全て
次女の手が入り、斬新そのもの。
前髪は「邪魔」という理由で全て根本から切られ
後ろ髪はシンメトリーあり、ざく切りあり・・・
それを「かわいい」ってぎゅーする姿を見ると
大丈夫か?と思う時もあるけど(笑)
それで良いみたい。

買い物に行けば
もうそこは次女ワールド炸裂の場になります。
多分、自分の中のストーリーが動くのでしょう。
次女の周りには、私には見えない友達が沢山いるようです。
そのお友達と「かくれんぼ」したり、「結婚式」をあげたり
大忙しです。

そんな次女。

多人数がどうも苦手。
わいわい騒がしい中にいるのがとにかく「嫌」みたいです。
しずかーに、二人くらいで遊ぶのが、心地よいらしいです。

そんな姿を私の姉が見て

「・・・小さい頃のkaiにそっくり・・・」
と苦笑していました。

次女が将来の夢を語るときがくるのかなぁ。
長女が「サッカーしたい!」と言った、あの日のように
次女にもそんな日があるのかと思うと楽しみです。

「きーちゃん、お姉ちゃんみたいにサッカーする」
って言ってるけどね。
暑いの嫌いだから、どうかなぁ・・・。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-07-19 11:19 | 作品






なでしこジャパンの優勝!
かっこいいねぇー!!
世界一ですよ、すごいすごい!

我が家の「なでしこ」は
テレビの前で正座で観戦。
点数が入ると大歓声と拍手で大喜びでした。

引っ越ししてから入団した新しいサッカーチームにもすっかり馴染みました。
毎週のように公式試合が入っています。
昨日は宮城テレビ杯の泉ブロック予選でした。
あの暑い中、よく走る走る!
娘は前半の給水終了後からの参戦。
ポジションはボランチです。

自分の力でドリブル突破、そして点を入れるという課題に
積極的に取り組んでいました。
何度も何度も枠に入れようと頑張っていました。
そして、ナイスパスを送り点数が入るパターンが何度もあり
見ていて気持ちの良いチーム・プレイ!

結果は二勝で
とりあえず県大会に近くなってきました。
仙台市若林の代表は、古巣であるSKFCが決まっています。
県大会で対戦するかもしれません。

昨日はチーム・ジャージが届き
試合出発前に監督に呼ばれ
「変身してこい!」
と、手渡されました。
自分の名前と、チーム名が入った
赤のかっこいいジャージです。

それを着て、みんなの前に現れると
「おー!N、かっこいいじゃんか!」
と褒められ、本人も嬉しそうでした。
監督も、娘のジャージ姿に、目を細めて喜んで下さいました。

なんだか、ちょっと感動しました。

娘の夢は「なでしこジャパン」に入ることです。
でっかい夢です。
具体的に、小学校卒業後のクラブチームをどこにするか
高校はどこに入るかを決めているようです。
・・・私立かぁ・・・。
お金かかるなぁ・・・(笑)

私も娘を見習って、夢を実現しないと!!
[PR]
by kai-takasaki | 2011-07-18 16:19 | サッカー






震災後、引っ越ししてきてから3ヶ月。

6月頃から本格的に仕事が始まり、
それまで滞っていた仕事を一気に片付けました。
関東圏は普通に動いているのですから
いくら被災をしたからといって締め切りが変わるわけではなく・・・
若干の「温度差」を感じながら
お詫びの時はつい「震災で・・・」と言わざるを得ない状況でした。

宮城県の中でだって
温度差があるのですから
もう、震災は言い訳にならないんだなぁと感じました。
でもそんな中、私自身強くなっていったと思います。
「くよくよしてても始まらない」
と仕事しながら、その都度成長した日々でした。

さて、我が家の娘達ですが
新天地での生活も慣れ、いまでは「前から居たよね?」
と思ってしまうくらい、すっかり富谷町民です。
新しいサッカーチームともすっかり仲良しになりました。
金曜日の夜練習、土日の昼練習、試合が本当に楽しみらしいです。
学区外からそのサッカーチームに行っているのは
うちの娘だけなのですが
近頃は、チームメイトに「こっちに引っ越してこい!何丁目のあの物件が空いている」
などのむちゃくちゃな要求も出始めてきました。

次女はといいますと・・・

仕事場に託児がついているのですが
その託母さんに
「きーちゃん、富谷に引っ越したの!」
うんうん、それは合ってるね。
「隣りにアイスクリームやさんがあるの!」
・・・つーか、それミニストップです。
「近くにせいきょうがあるの。やわざわもある!」
・・・みやぎ生協は大分行くけどね・・・、やわざわじゃなくてヤマザワです・・・。
「きーちゃんお家買ったの!」
・・・買ってねーし・・・。

という具合に、盛り上がってます。

長女は富谷小学校に来てから
自主勉強、宿題、音読、漢字の書き取りを
毎日欠かさずするようになりました。
仙台ではこんな当たり前のことが定着してませんでした。
私に毎日「宿題やったの?」と言われる日々。
言われてもやらない日だってあったほど。

この違いは何だろう?

多分、先生のおかげのような気がします。
きっと娘の心に、当たり前の積み重ねが大事なんだよっていう
お話しが自然に入ってくるようなご指導なのだと思うのです。
だって、タカサキ家は何も変わってないのですから。

次女の保育園でも、細やかな配慮があるなぁと感じます。
今日の様子をノートで知らせてくれたり
お昼寝の後は、他のクラスと交流させて下さるので
自然にお友達が増えたみたいです。

そして、こちらで出会ったお母さん達は
「富谷は良いところでしょう?自然がいっぱいでのんびりしていて」
と、みんな言います。不満は聞かないなぁ・・・。

町の取り組みもいいんだなぁ。
ゴミの分別が細かいけど、ルール違反がほとんど無いそうです。
公園には自然に人が集まり
挨拶が自然に交わされる。

皆様の優しさのおかげで
私たちは素敵な毎日を送っています!!
[PR]
by kai-takasaki | 2011-07-11 15:13 | サッカー