主人の大けが





先月の終わり頃、主人がアキレス腱を断裂しました。大けがです。

なにせ「動いてなんぼ」の職業で
体を鍛える事を何よりも愛し
もともと華奢な体を頑張って「マッチョ」にしていたのに・・・
主人の体はみるみる細くなり
心のほうも折れていく一方です。

三ヶ月の病気休暇をもらい
自宅療養となりました。

最初は落ち込んで、私の話も入っていかない状態。

しかし、これは「休め」ということなんだ。
足が肩代わりして体を休ませなさいって言っているに違いない。
心も体もリセットだよ。
なんなら、転職か?

・・・という話をしていたら
だんだん元気になり、毎日のリズムもつかみ始めたようです。

将来、楽しいことがたくさん待っていても
体がついていけない状態になっては
その楽しみすら味わうことができません。
そのためには、今どうするか。
そして、自分は一体将来何をしたいのか?
本当にやりたいことって何だったのか?

そんなことを夫婦で考えています。
[PR]
by kai-takasaki | 2011-10-16 11:17 | 出来事